お電話でのお問い合わせはTEL:045-306-5357

フラワーエッセンス | 実践心理学NLP・NLPコーチング・エニアグラム・フラワーエッセンス・レイキ|横浜元町 アトリエチャーム

フラワーエッセンス

フラワーエッセンスとは?

フラワーエッセンスとは、お花の持つ、癒しのエネルギーを水に転写したものです。
それを飲むことによって、ストレス等でマイナスに傾いている状態を回復させていき、バランスが取れた状態に戻し、人間の本質を取り戻していくことができます。
また副作用は一切なく、赤ちゃんからお年寄り、植物、動物にも安全に使用することができます。

フラワーエッセンス

アトリエチャームでは、イギリスのエドワード・バッチ博士のフラワーレメディ および、オーストラリアンワイルドフラワーを提供しております。

バッチ博士のフラワーレメディ講座

時間:10時~15時まで(お昼休憩あります)

通常2日間のコースですが、小さなお子様のいるお母様向け4日間コースです。

お申し込みはこちら

バッチフラワーレメディとは?

バッチフラワーレメディとは、1930年代にイギリスの医師であり、細菌学者・病理学者・ホメオパシー医でもあったエドワード・バッチ博士によって完成された、心や感情のバランスを取り戻すためのシステムです。

バッチ博士は、病気は、精神や心の不調 和から起こると考え、野生の植物に心や感情を癒す力があることを発見し、1936年に38種類のバッチ博士のフラワーレメディを完成させました。
現在では、広く世界70カ国もの医療関係者から一般の人々にまで使われています。

バッチ博士のフラワーレメディは精神や感情の状態に作用させるもので、体の症状に直接働きかけるものではありません。
しかし、「病は気から」「心身一如」と言われるように、バッチ博士のフラワーレメディを飲み精神状態が良くなることによって、免疫力が高まり、より健康になったという症例は、今までに数多く報告されてきました。
自分の性格や今の精神状態をとらえ、ふさわしいバッチ博士のフラワーレメディを選んで飲むことによって、病気を予防し、心を平安な状態に保てるよう導かれるでしょう。

バッチ博士のフラワーレメディには、様々な感情に作用する38種類のレメディと、緊急時や強いストレス時に使われる5種類のレメディを組み合わせたリカバリーレメディ、それからリカバリーレメディの外用版であるリカバリークリームがあります。
(*これらは製造メーカーによってレスキューレメディ、ファイブフラワーレメディなどど呼ばれています。)

38種のバッチ博士のフラワーレメディには、それぞれマイナスの指標とプラスの指標があります。
バランスをくずしてネガティブな様相を見せている状態でも、バッチ博士のフラワーレメディの花のエネルギーが作用することで、自然と本来のバランスのとれた状態をとりもどしていくよう助けられるでしょう。

バッチ博士のフラワーレメディの特長としては、全く副作用や害がなく、習慣性や依存性がないことです。

バッチ博士のフラワーレメディは、無害ですので多く飲んでも、たとえ間違ってバッチ博士のフラワーレメディを選んだとしても大丈夫です。
気軽に日常的なストレスや感情や精神のバランスをととのえるために、性格や習慣の改善に使うことができます。
また、他の薬剤や治療法とも併用することができるのも大きなメリットと言えます。

バッチ博士のフラワーレメディ講座の詳細はこちら

フラワーレメディ

引用:日本フラワーレメディセンター

アトリエチャームのTWITTER